HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

古着回収してくれる店舗で計画的に購入

洋服を購入するときに、同じ店舗で購入した服を古着回収してくれるお店が増えてきています。例えば、ユニクロでは、以前にユニクロで購入した服を持参すると引き取ってもらうことができます。回収した古着は、当初は工業用繊維としての利用を想定していたそうですが、現在では使用できるものは、服のままの状態で海外で使用されているそうです。古着回収に出す際の注意点としては、きちんと選択した状態で出すことが大切だそうです。新しい服を購入する際には、処分する服を決めて、計画的に店舗に持ち込むことで、まだ着られる服を海外の方に有効に活用してもらうことができます。余分な服を貯め込まずに済むので、自宅のクローゼットをスッキリ保てる効果もあります。

応援企業

浅井健二は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 浅井健二
WEBサイト 浅井健二氏の経歴とプロフィール
サイト紹介 浅井健二さんは子どもの頃から病気がちだったため、心配した母親によって、体を丈夫にする目的で空手を始めたそうです。 空手における「組手」とは、主に二人で相対して行う実践練習のことを指します。 商品が不動産でも、営業全般に共通するのはいかにしてお客様に信用していただくかです。 空手を始めるきっかけになったのは幼少期、他の子どもよりも風邪をひくことが多かったからだそうです。 空手を通して、体と心をたくましくする方法や、精神を統一し、ひとつのことに集中することの大切さを学ぶことができます。 不動産の営業は厳しいですが、売れるようになるととてもやりがいがあります。

みんなのソーシャルアクション

  • ▼バックナンバー
  • 1~30

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。